「LTE」について知っておきたいこと

「LTE」について知っておきたいこと

概要

現在、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクは「LTE」と呼ばれる通信サービスを展開しています。
NTTドコモの場合は「Xi」(クロッシィ)と呼ばれています。

この注目を集めている「LTE」のことをよく知らないという人に、簡単に説明します。

「LTE」とは?

「LTE」とは、「Long Term Evolution」の略称で、"長期的進化"を意味します。

3.9Gと呼ばれる次世代携帯電話の"通信規格"の1つで、世界的には第4世代(4G)通信として扱われています。
4Gと呼ばれていますが、実際には3Gと4Gの間の立ち位置になります。

3Gと比べると格段に通信速度が速くなります。
各キャリアは、LTE対応エリアを現在拡大していますが、エリア外になると3G通信に自動的に切り替わるようになっています。

なので、せっかく最新のスマートフォンに乗り換えても、通信速度があまり変わった気がしないということもありえます。

3Gとの違い

上記でも書いたように、もっとも大きい違いは通信速度です。
3Gの通信速度は、下りが数Mbps~14Mbps程なのに対し、LTEは下り75Mbps~100Mbps程の速度が出ます。
このように通信速度には大きな差があります。

「テザリング」と呼ばれる機能を使うことで、スマートフォンをモデム代わりにして、外でもパソコンやゲーム機などをインターネットに接続することができます。
ただし、1ヵ月に通信するパケット量が一定量を超えると通信速度が制約され、通信速度が遅くなる原因になります。

Wi-Fiとの違い

スマートフォンには「Wi-Fi(ワイファイ)」で通信する機能が標準搭載されています。

Wi-Fiは数メートル~数十メートル圏内にある無線LANルーターと通信し、LTEは遠くの基地局と通信します。
そのため、Wi-Fiで通信するには無線LANルーターを設置している自宅かお店、駅にいる必要があります。

しかし、通信速度は安定しており、無線LANルーターが光回線につながっていれば、快適なネット接続ができるというメリットがあります。
そして、"料金が掛からない"というメリットがあります。

Wi-Fiスポットとは?

各キャリアや公共施設、コンビニなどで設置されているWi-Fiのことを「Wi-Fiスポット(公衆無線LAN)」と呼びます。
Wi-Fiスポットによって利用するには登録が必要など設定は異なりますが、基本的に無料で使用できます。

キャリアのWi-Fiスポットを利用する場合は、契約しているキャリアと同じスマートフォンであれば利用可能です。
また、月額利用料を支払うことでキャリア端末以外のタブレットやノートPCでもWi-Fiスポットを利用することができます。

この他にも有料登録をすることで、外でもWi-Fiを制限なく利用できるサービスがあります。

もちろん無料で利用できるWi-Fiスポットも全国各地に多数存在します。
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、スターバックスでは会員登録すると条件付きで無料でWi-Fiスポットを利用できます。
頻繁に出かけるところであれば登録しておいても良いでしょう。

Wi-Fiスポットで注意すること

無料だからといって対策もしないであれこれとWi-Fiスポットに接続すると、ウイルスに感染したり、アカウントを乗っ取られるなど危険もあります。
「Free」や「Public」などの名前の付いた無線LANや、暗号化が「None」となっているWi-Fiはセキュリティ対策がされていません。

暗号化されていないWi-Fiでは送信したメールの内容や閲覧中のWebサイトのURLがのぞき見できるなど危険な状態です。
有名なところだと成田・関西・神戸の3空港があります。
また、暗号化されていてもパスワードが公開されているため危険性は変わりません。

スマートフォンは自動でWi-Fiに接続する設定になっているので、Wi-Fiを使用しない時は設定でOFFにしておきましょう。
Wi-Fiスポットを利用する際はセキュリティソフトもインストールしておき、お金や重要な内容のメールなどはWi-Fiを経由させないで送信するなどの対策が必要です。

Wi-Fiスポットを利用するのであれば最低でも「WEPキー」と呼ばれるパスワードが設定されたところを利用しましょう。
安心度で言えば「WPA」「WPA2」という暗号化規格の方が安心して利用できます。

自宅に設置しているWi-Fiも可能なら「WPA」「WPA2」に設定しておくことをオススメします。
また、特に重要なデータは「SSL」という方式で暗号化されたものを利用しましょう。
この規格はさまざまなサービスに利用されており、万一傍受されてもデータそのものが暗号化されているため、内容が流出する危険性はありません。

プラチナバンドとの違い

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルは、一部のサービスで「プラチナバンド」の電波を使ったサービス提供を行っています。
プラチナバンドはモバイル通信で利用する、"特定の周波数帯域の電波"を意味しています。

携帯電話・スマホでは、通常1.5~2GHz(ギガヘルツ)の帯域の電波が使われます。
ですが、プラチナバンドはそれよりも低い700~900MHz(メガヘルツ)の帯域の電波を利用することで遠くまで電波が届きやすく、建物などの障害物に遮られにくいという特性を持っています。
このことから、"高い価値のある周波数帯域"という意味合いで、プラチナバンドと呼んでいます。

TD-LTE

「TD-LTE」は、LTEの一つで、データ通信(WEB閲覧など)を前提とした下りが早いデータ通規格です。
ソフトバンクの「SoftBank 4G」として提供するAXGPネットワークはTD-LTEに互換性があり、KDDIなどの「WiMAX 2+」もTD-LTE方式を採用しています。

欧州や中東、インドなどの通信事業者もTD-LTEを採用しています。

下りが早いということは、ダウンロード速度が早いということなので、インターネットなどを快適に閲覧できすることができます。

私、ユーザーのニーズに合っていることを考えると今後伸びていく規格と思われます。

LTE Direct

通信技術および半導体の設計開発を行うQualcomm(クアルコム)が7年の歳月をかけて実用化間近までこぎつけた「LTE Direct」

従来のLTE通信技術では基地局からスマートフォンへ電波を届けることで通信を可能にしています。
移動しながら通信を行う場合は基地局から基地局へ、電波のリレーを行うことでスマートフォンと通信を行っています。

「LTE Direct」は、これをスマートフォン同士で行えるようにする技術です。

各キャリアの基地局を介さずに、対応端末同士が直接通信できる仕組みで、500m程度のエリア内に入ると自動で認識し、音声通話やデータの送受信が行えます。

この技術を利用することで、店舗の近くにいる端末に一斉に同じ広告を表示したり、災害時など基地局が使えない非常時にもトランシーバーのように利用することが可能です。

にアメリカではFacebookやYahoo!が通信実験を行っており、行政サービスとしての利用も検討されています。

本格的な実用はまだ先ですが、採用まではそう時間がかからないでしょう。

まとめ

「LTE」について少し詳しくなれたのではないでしょうか?

外ではLTE通信を行い、自宅ではWi-Fi通信に切り替えるといった使い方もできるので、より快適にスマートフォンライフを送れるようになります。

ただ、LTEなどは難点として消費電力が多いので、バッテリー切れになりやすいです。
なので、外でのネットを控え、自宅のWi-Fiだけでネットをするようにすれば、バッテリー消費も抑えられ、料金も抑えることができます。

LTEを上手く活用して、スマートフォンライフを充実させましょう。